【2019年】稼げる期間工は?入社祝い金などチェック!

【工場・製造業あるある】工場はギャンブル好きが多い説について!

「工場はギャンブル好きが多い」という記事を読みました。

これ「工場・製造業あるある」だそうです…。

私は長年工場で働いてきて、こんな一括りで「工場で働く人はこういう人間だ!」と断定されて心外ですが、まぁこの件に関しては、ほぼ同意見ですね。

今回は「工場人はギャンブル好きが多いのか?」について説明したいと思います。

工場はギャンブル好きが多いけど、昔より激減してる!

最初に書きましたが、工場で働く人はギャンブル好きが多いです。

パチンコパチスロの話は日常的に出てくるし、年末や夏の季節になれば年末ジャンボ、サマージャンボと話はなります。

宝くじなんて、その季節になれば毎年、

A「宝くじ当たったらどうする?」

B「俺は家のローン返すかな!」

C「俺は仕事辞めてのんびり暮らす!」

と恒例行事の問答が始まります。

桜が咲いて春を感じるように、宝くじの話で季節を感じる訳ですw

ディープな人は競艇や競馬、マージャンの話題で盛り上がります。こう考えてみるとやっぱりギャンブル好きが多いですよ。工場は。

でも昔よりかは大分減った印象です。工場でも安全面や、5S活動が活発になっていて、タバコを吸える場所も年々減ってきています。

工場って職人っぽい人がくわえタバコで作業しているイメージあるでしょ?でも今は喫煙者も減って来ました。時代の流れです。

同時に飲酒運転や規律に対してもうるさく、変な良い方かもしれませんが、工場で働く人も小綺麗な人が増えました。

その為、なんとな~く下世話な話は減少傾向にあります。新入社員だってお酒飲まない時代ですから。

という事で、「最近の工場はギャンブルの話はかなり減った」が結論になります。

では、なぜ工場人はギャンブル好きが多かったのでしょう?その理由を説明したいと思います。

工場人にギャンブル好きが多い理由

①ギャンブルは男同士の共通のテーマとして丁度良い

まず、工場は圧倒的に男社会でした。今でこそ現場女性社員はいますが、その昔は女性が働くような場所じゃなかったんです。

右を見ても左を見ても油臭い男達。そうなれば共通の話は、「女、酒、ギャンブル」しかありません。

という事で、「話の種」になる事からもギャンブルを皆やっていたんです。周りがパチンコの話で盛り上がってるのに、一人入れないのは寂しいし、「昨日5万円勝ったぜ!」なんて言われれば興味を示すものです。

で、行くとビキナーズラックで勝ってしまう。でも次に行くと負ける。そこからのめり込んで行くんです。私も経験済み

②先輩から後輩へと、受け継がれている流れ

ギャンブルも酒も女も、基本的に会社の先輩から教えてもらいます。

これは…実際どうなんだろ?どの職場でもこの流れが多い気がしますね。

あなたはお酒をどこで覚えました?友達?親?それとも会社の先輩?

大半は社会に出て、職場にいる面倒見の良いアニキ的な人に教えてもらいます。かくいう私もソレです。

で、先輩は誰に教わったかと言うと、やはりその先輩。そんな感じで受け継がれていくものなんです。

工場はただでさえ男ばかり。その男達の共通の話題としてギャンブルが始まり、それが代々受け継がれている。

工場でギャンブルの話が多いのは、その2点が理由だと思います。

ギャンブル好きが多い職業

ギャンブル好きが多い職場=工場というのはまあ認めます。ですが、他の職種でもありそうですよね。

  1. ガテン系
  2. 職人系
  3. 日雇い系

パッと浮かんだだけでも3つ程あります。1つずつ説明していきます。

まずガテン系。ガテン系の仕事と言えば、道路整備やトラックの運転手が浮かびます。ギャンブルしてそうなイメージありますか?

私はあります。極端に体を酷使する道路整備は、ギャンブルでストレスを発散する傾向が強いです。

実は私、昔パチンコ店でバイトをしていたんですよね。で、やっぱりドカタ系の人はめちゃくちゃ多かったです。

続いて職人系です。

これも皆イメージ涌くと思います。職人の世界は工場にも増して男ばかりの職場です。休憩時間は「ギャンブルか酒の話しかない」と言っても過言ではありません。

まぁこれは私の知人が解体屋をやってて聞いた話なんで、多少語弊はあるかもしれません。

ただタバコを吸わないと世間話もできないと言っていたので、やはり職人はギャンブル、酒とタバコは鉄板なんでしょう。

次は日雇い系です。これはすみません。私のイメージ&テレビからの洗脳かもしれません。

だってね、ノンフィクションのドキュメンタリーを見ていると、日雇い系の人って本当ギャンブル好きでしょ?

財布に残り5000円しかないのに、平気でパチンコ行って全財産をすってしまう。

お金に余裕がない人程ギャンブルにのめり込むと言うから、ここら辺は当たってるんだと思いますね。

まとめ・「男社会な職場はギャンブル好きが多い!」

という事で、工場あるあるの通り、工場はギャンブルをする人が多いんです。昔に比べたら減りましたが、それでも一般的な会社で言えば多いでしょう。

それが良いか悪いかは別の話ですよね。家族に迷惑を掛けないで、趣味の範囲内でやるなら問題なしです。

男職場は、基本的にギャンブル話が多い事もここで断言しておきます。あーでもパチンコにのめり込む職業で、特に酷かったのはパチンコ屋の従業員ですね。

社員もバイトもみーんなパチンコパチスロやってましたよ。あれが一番凄かったですね。

「お客に台の事を聞かれても答えられないんじゃダメだから、全員ある程度の知識は持っておくように!」的な事言われましたもん。

というと、働いて給料貰って、それをまたパチンコで還元する訳です。

それって何だかな~と思い私は辞めました。

少し話がズレましたが、工場はギャンブル好きが多いは正解!ただ今は昔より減ったけどね!です。