【2019年】稼げる期間工は?入社祝い金などチェック!

【期待に応える】仕事のプレッシャーに耐えて、結果を出す方法

社歴や年齢がある程度になると、教えられる側から教える側になっていきます。

私の工場も例外なく、30代後半になると「そろそろ班長になれよ」的なプレッシャーがあります。

出世にはあまり関心がありませんが、期待されてる事は良い事。でもその期待に応えられるか?期待通りに自分は動けるのか?悩む事もあります。

でもどの世界でも期待されるという事からは逃げられません。

  • スポーツ選手
  • 勉強を頑張る子供
  • 働く人達

どんな環境だって誰かがあなたに期待しています。そんな時、どんな気持ちでいれば期待に応えられるのか?について書いていきたいと思います。

期待に応える為に、最初の気持ち作りが一番大切

一番大切な事は気持ち作りです。

小学校の運動会。リレーで順番が回ってきた時、誰でもドキドキしたハズです。

1位で自分の番が来た時、もし抜かれたら?それ所か転んでビリになったら?

2位で来たのなら、抜いて1位になりたい!

他人から受けるプレッシャーと、自分でかけるプレッシャーがあります。

でもこのプレッシャーを軽減できる方法があります。それは、

「今日足が痛いから、上手く走れないかも!」

と周りに公言する事。

卑怯ですか?でも自分の力を100%発揮するのは実に有効な手段です。

周りの期待を下げれるし、自分へのプレッシャーを軽減させる事ができます。

こんな感じで、期待に応えなきゃという周りのプレッシャーは、ある程度小手先のテクニックで何とかなるものです。

肝心なのは前段階。気持ちの準備です。

期待に応えるプレッシャーは半端ない

期待に応えるプレッシャーは、もちろん人によります。

しかし過度にプレッシャーを感じる人は、期待されるだけで鬱になる程のストレスを感じます。

これから紹介する例は、実際私が体感した事例です。

上司の期待「次の班長はお前だ!」

冒頭に書いたように、私は今30代半ば。そろそろ班長というものも意識しなければなりません。いや、正確に言えば私はそんなものに興味はないんです。しかし、上司からプレッシャーがあります。

「次はどう考えてもお前しかいない」的な無言のプレッシャー。

ちなみに私はこんな感じで仕事をしています。

  • 定時になったらそく帰宅
  • 残業ほとんどしない
  • 飲み会的なのには参加しない

しかし班長になればこのほとんどに規制が入ります。

サービス残業だってしなきゃならない。定時で帰れる事はない。飲み会は全参加。

さらに班員みんなをまとめなきゃならない。

これに自分は応えられるのか?上司が望むような班長になれるのか?

仕事で期待される事は、サラリーマンとしては本望です。お給料も上がれば家族も楽になるし、働く父親としては、良い背中を子供に見せれると思います。

でも自信がない。上司のプレッシャーは「今までのお前は一度捨てて、班長らしい人間になれ」です。

親の期待「あなたなら一発合格よ」

この記事を読んでいる人は学生さんもいるでしょう。

私は馬鹿なので進学などせずにすぐに社会に出たので、受験らしい受験はした事がありません。

親も私には何も期待していなかったので、親からのプレッシャーは感じた事がありません。

しかし、私の妹は優秀だったんです。なので親はかなり期待していました。

妹もそれに応えようと必死でした。

結果、妹は受験勉強で失敗し一浪。1ランク下の大学へ行くことになりました。

本来なら余裕で受かる大学。むしろ1ランク上の大学を狙ってもおかしくないレベルだったんです。

悪い言い方をすれば、親の過度な期待が妹を苦しめた訳です。

他人の期待も相当ですが、親の期待は最悪だと思います。他人なら縁を切れば解決ですが、肉親はそういう訳にもいきませんから。

期待に応える為のメンタル作り

では次に、期待に応える為のメンタル作りを説明したいと思います。

勝利の道は想定できてる?

まず「期待に応えれる。勝利の道は想定できているか」です。

このイメージができていないなら、その勝負は負けるでしょう。

例えばあなたが、短距離走の日本代表だとします。日本中があなたに期待しています。

でも、相手が強すぎる、勝てるイメージがわかない状態だったら勝てると思いますか?

勝てません。体は負ける事を想定して硬直し、負けた時の状況をイメージしてメンタルは豆腐。

そもそも「負ける状態」が出揃っている訳です。

勝利の道を想定する事はもの凄く大切です。

「全体的には向こう選手が強い。でもスタートを上手くできれば勝機はある」

と、勝てる要素を探しておきましょう。

期待に応えられる勝利のルートを確保する事は、とても大事なんです。

失敗した時の事は考えない?いや考えておこう!

よく聞くのは、「失敗した時の事は考えない!」ですが、これは間違いです。

この思考に行く人は、強い精神力の持ち主です。

そもそも、どうしたってマイナスな事を考えるのが人間でしょう。その思考を無理やり制限したって意味ない。

だったらとことん考えましょう。

期待に応えられなかった自分を。そして言い訳も沢山考えておきましょう。

自分のハードルを下げる事も、期待に応える為に手段です。

 

さて、2つのメンタル方法を説明しましたが、ちょっとややこしいですよね。

  • 勝利の道を想定しておく=負ける意識が強いと筋肉が意識して力が発揮できない
  • 負ける事も想定しておく=かといって自信満々でもいられないでしょ?負ける事を想定しておけば気が楽

ちょっとややこしいけど、こんな感じです。

「白旗を最初から上げないで、勝てるルートを探す。でも負ける想定をしておくと心は軽くなるよ!」という事ですね。

まとめ・「期待に応えるには、メンタル管理が一番大切!」

という訳で、期待に応えるをテーマに書いてきました。

冒頭でも書きましたが、期待に応えるという状況は誰にでもやってきます。

  • 上司
  • 配偶者

あなたがそれに値するから期待される訳です。あまりマイナスに考えず、まずは自分が評価されているとポジティブに考えましょう。

そこから勝利のルートを探し、それと同時にダメだった時の言い訳も考えておく事。

パフォーマンスは最適な環境でないと発揮できません。

良い畑でないと、良い米はできあがらないのです。まずは良い畑(メンタル)を作る事です。