【2019年】稼げる期間工は?入社祝い金などチェック!

期間工jp(アウトソーシング)の評判や面接はどう?期間工jpのデメリットも書いた!

期間工jpに応募

こんにちわ、旅がらすです。

期間工jp(アウトソーシング)を結果から言うと、

全国に面接会場があり、入社祝い金が高額で
必ず担当が付く。

年間3850人を合格させている派遣会社です。

⇒期間工jp・公式サイトを
チェックしてみる

さてここでは、

期間工jp(アウトソーシング)の評判やメリット、面接などを記しています。

具体的には、

  • 期間工jpって評判良いの?
  • 期間工jpの面接ってどんな感じ?
  • 期間工jpを使うメリットって何?
  • アウトソーシングとは?

に答えています。

今の時代、仕事探しはみんなスマホ一つで行いますが、それでも新聞の折り込み求人を見る人は一定数います。

ですが、期間工だけは折り込み求人からの応募は止めておくべきです。

期間工の応募なら、期間工求人に特化したサイト「期間工jp」がおすすめです。

その理由を説明したいと思います。

トヨタ期間工はアウトソーシングを使えば76%受かる

トヨタ 期間工 アウトソーシング

※上位画像はアウトソーシング公式サイト(トヨタ期間工限定)からの引用です。

確認はこちらで⇒アウトソーシング(トヨタ期間工)公式サイト

最初に説明すると、実はアウトソーシング経由でトヨタ期間工を受けると、

76%の確率で受かります。

アウトソーシングを使うメリットは、この数字が全て物語ってます。

期間工jp(アウトソーシング)とは?

期間工jp

【結論】期間工jpとは、期間工に特化した求人サイトで、アウトソーシングという会社が運営している。期間工jpはサイト名だ

そもそも期間工jpとは何か?

こちらは「期間工に特化した求人サイト」と考えて貰えれば良いと思います。

以下に簡単な概要を載せておきます。

【期間工jp(アウトソーシング)とは?】

期間工.jp運営並びにお仕事の紹介は( アウトソーシング)が行なっております。
 アウトソーシング は期間工.jp を通じて期間従業員のお仕事をお探しの方々に自動車メーカーを中心とした大手メーカーさんのお仕事をご紹介しております。

 皆さんの希望に沿ったお仕事をご紹介し、企業選考会で内定を勝ち取る間、経験豊富な当社のスタッフが最後までサポートさせて頂きます。当社には期間従業員のお仕事だけでも 40 を超える取引先があり、その数は業界でもトップクラスの取引実績を誇ります。

アウトソーシングからのご紹介で、企業選考会で内定を勝ち取った方々は、年間で 3850 名います。

期間工jp公式サイトより引用

「期間工jpとアウトソーシングって何が違うの?」

と思われるかもしれませんが、要はアウトソーシングという会社があり(主に採用代行や有料職業紹介事業を展開している会社)

その会社が「期間工jpというサイト運営を行っている」という事になります。

期間工jpはサイト名
アウトソーシングが会社名と考えれば良いと思います。

今や求人サイトはインターネットに無数にありますが、期間工に特化したサイトというのは見かけません。

期間工jpは期間工だけの求人を扱い、期間工で働く人達のみを見てきた会社なので、片手間でやっている求人サイトとは明らかに違います。

後で期間工jpのメリットを詳しく説明しますが、まず何より内定率ですよね。

  • 業界最高の内定率者実績=内定率89%
  • 2018年年間採用人数=3850人

この数字だけで凄さが分かりますよね。何と言っても内定率ですが、89%って事は「10人面接に来たら9人入社させている」って事です。

ハッキリ言って異常です。こんな塾あったら全員入学しますよね。

その結果、2018年は3850名の方が期間工として働き出しました。

1日10人以上、期間工jpサイト経由でです。

※ちなみに2017年も3784名の方を紹介しています。安定して年間3700名以上を紹介してます。

それだけ期間王jpを利用されていて、それだけの人数紹介してきたという事は。

当然メーカーにも信頼されています。するとメーカーも期間工.jpにお金を掛けれます。

なのでトヨタ、スバル、日産九州のように入社祝い金45万~60万とかを出せる訳です。

注意!
以下より、期間工jpと書いたりアウトソーシングと書いたりしますが、同じサイトですので。

期間工jp(アウトソーシング)の面接の流れ!

期間工jpの面接

【結論】期間工jpの面接は単なる質疑応答。落ちる落ちないの面接ではないので、緊張する必要もなく、私服で大丈夫

「ここに受からないと、そもそも期間工メーカーの面接受けれないんでしょ?緊張する!」

と思うかもしれませんが、当然派遣会社なのでガチガチな面接ではありません。

むしろサポートしてくれる会社ですから、あなたの味方とも言えます。

もちろん面接会場にスウェットやパジャマのような格好で来る人はNG。

採用担当者から見ても、「この人をメーカーに勧めても大丈夫だろうか?」となるので常識的な格好はしていきましょう。

期間工メーカーに応募の際は、この期間工jpが間に入ってくれて、「この人はしっかりしています!」と言って希望メーカーに勧めてくれる訳です。

その為、期間工jpを通す事で合格率が跳ね上がるんです。

当然「勧めたくなるような人」でないと、派遣会社的としても困る訳です。

しつこいようですが、常識的な格好で行きましょう。

スーツでなくても、なるべく落ち着いた格好ですね。チノパン、ポロシャツで色合いが落ち着いたものならOKです。

旅がらす

あくまで仕事を紹介してもらいに行く訳だから、最低限の挨拶や礼節はふまえるべきだな。大人なら

面接ですが、基本的にお住まいから一番近い営業所で行います。

北は北海道から南は沖縄まで、県の主要都市に1つはあるイメージです。※どうしても都合が合わない場合、出張で近くの一室を借りての面接も可能だそうです。

期間工jpの面接の流れを説明

期間工jpでの、面接会場に着いてからの流れは以下になります。

  1. 履歴書提出
  2. 簡単なヒアリングシートの記入
  3. 希望メーカー、条件などのカウンセリング
  4. 選考会面接日時などの調整

①②④は説明不要ですね。書いてある通りで、難しい事はありません。

向こうの案内通りにこなせばOKです。

期間工jpを利用した人達が、重要と口を揃えて言うのは③の「希望メーカ、条件などのカウンセリング」ですね。

もちろん希望メーカーがあって応募すると思うのですが、全ての期間工の情報を検索し、情報を知っている訳ではないですよね?

もしかしたら自分が知らない情報も、期間工jpサイドは知っている可能性はあります。

例えば、「今〇〇メーカーに入社するより、✖✖メーカーの方が寮の待遇も良いし、入社祝い金も増額してますよ」

などのアドバイスです。

なにせ相手はプロですし、年間3900人近い人を期間工メーカーで受からせている実績もあります。

「自分の狙ってたメーカー以上の待遇のメーカーを紹介して貰った!」などの声も多く、評判の良いポイントです。

しっかり話を聞いて、自分の譲れない条件を持って面接に向かいましょう。(寮費無料、満了金100万以上など)

面接については以上になります。繰り返しますが、特段難しい事はありません。

期間工jpの評判はどう?

期間工jpの満足度調査

【結論】期間工jpの評判はかなり良い。しかし担当によっては親身になり過ぎて、「おせっかい」に感じる人もいる。基本的に担当が付くので、応募に関する不安はなくなる

「担当さんも親切で、圧迫感がない!」

「各地で面接をしているから遠出の必要がない!」などメリットは多いです。

ただ反対にデメリットもいくつかありました。

「希望したメーカーではなく、人手が足りないメーカーを勧められた」

「途中でやる気なくなったんだけど、頑張りましょう!としつこかった…」などがありました。

最後のやる気なくなったはアレですが、希望したメーカー以外を勧められるというのは実際あるようです。

例えばですが、50代の人がトヨタ期間工を希望した場合、正直受かる確率は低いんです。

で、どうせ低い確率で勝負するなら、近くにあるアイシンAW期間工はどうか?と話が来ます。(アイシンAWは部品メーカーの為50代も受かりやすい)

こんな理由で、いかに働こうとする人が無事面接に合格するよう動いている訳なんです。

ただサイト経由で申し込む人は、希望メーカーが決まっている訳でここで意見が食い違うんでしょうね。

期間工jpの口コミ評判はこんな所です。トータルして悪い評判はあまり見ませんでした。

ホームページも使いやすいと好評なので、一度覗くだけ覗いて見て下さい。

「期間工で働こうと思っているけど、どこか決めていないんだよな…」という方はとりあえず登録をして、担当さんに色々聞いてみましょう。

期間工jp(アウトソーシング)のデメリット

メリットを紹介する前に、アウトソーシングのデメリットな部分に焦点を当てます。

旅がらす

しっかりデメリットを紹介しないと、これを読んで頂いた人の為になりませんから

上記の評判で書いた事と重複する所もありますが、ざっと以下にアウトソーシングのデメリットをまとめました。

  1. 違うメーカーを勧められた
  2. やる気がなくなったのに頑張ろうとうるさかった
  3. メーカーの前に面接をするからひと手間掛かる

①~②は上記で書いたように、メリットでもありデメリットでもあります。

なので人によっての好き嫌いが関わるので何とも言えません。

  • 熱心⇒暑苦しい人
  • 冷静⇒冷たい人

という感じで受け取り方は様々ですから。

③の「ひと手間かかる」という点だけ説明したいと思います。

新聞などの折り込み広告から応募すれば、面接はメーカーだけの1回で済みます。

対して、期間工jp経由で行くと面接は2回になります。

(期間工jp=1回、期間工メーカー=1回)計2回の面接

確かにこれは手間かも知れません。

とはいえ、期間工jpを経由しないと入社祝い金も貰えないし、面接で受かる確率もガクンと減ります。

ひと手間はかかるものの、それ以上に失うものが大きいです。

派遣サイトに登録しておけば、困った時は相談に乗ってくれるしメリットは多いので、この手間は惜しんではならない。

以上がアウトソーシングのデメリットな部分となります。

期間工jp(アウトソーシング)のメリット4選

ここからは期間工jpのメリットについて、順番の説明していきます。

①入社祝い金を貰える

一番大きいのはこれ「入社祝い金を貰える」です。入社祝い金とは下記のような手当てです。

期間工jp入社で貰える入社祝い金一覧

トヨタやスバル辺りの期間工は、なんと45万円もの手当てが付くんです。

例えばこれを、折り込み求人で応募すると、全くの0円だったり、貰えてもメーカーからのお祝い金だけになってしまいます。

仮に上記で言うならトヨタです。期間工jp利用すれば45万だけど、直接応募だと「企業からの10万」だけ。これだけなんです貰えるの。

派遣会社経由なら、派遣会社からも祝い金が貰えるんです。

入社祝い金は、貰える人と貰えない人がハッキリ分かれます。それは単純に、「新聞の求人から応募する人か、ネットで応募する人か」の違い。それのみです。

この記事を読んだ方は、しっかり派遣会社を通して貰えるモノは貰っておきましょう。

②履歴書や職務経歴書のアドバイスもしてくれる

続いてのメリットは、「履歴書や職務経歴書のアドバイスをしてくれる」です。

期間工は正社員と違って、くそ真面目に履歴書を書く必要はぶっちゃけありません。

それでも、しばらく履歴書を書く事から離れると、どこをどう書けば良いのか分からなくなったりもしますよね。

そんな時派遣会社の担当がいれば、どんな書き方をすれば良いのか教えてくれるんです。

派遣会社としても、応募してきた人全員に仕事を紹介し、受かって貰いたいと思ってます。それが仕事ですから。

面接を受ける人が極力不安がない状態にさせるのも派遣会社の仕事。

なので、履歴書や職務経歴書の書き方が分からない&忘れた人は、派遣会社のメリットを上手く使いましょう。

③メーカーで受かる確率がグンと上がる

折り込み求人から募集しているメーカーに連絡をして、面接の日時を決める。

昔はもちろんこれがスタンダードだったんですが、これだと面接に来るまでどんな人間か分からないですよね?メーカーや面接官からしたら。

しかし派遣会社経由なら、「変な人間だったら派遣会社も紹介して来ないだろ…」とメーカー側も思うので、「派遣会社経由」というだけで、面接に受かりやすくなるんです。

またメーカーと派遣会社との関係性もありますよね。

「うちが送り出した人間なんだから、少なくとも変な人間ではありませんよ!」的なものです。

つまり派遣会社経由の面接なら、メーカー的には「大丈夫な人と判断したから応募させたんだろ」と判断する訳です。

自ずと受かる確率は上がります。

④おすすめの期間工も紹介してくれる

派遣会社に応募して、一度担当とお話をする流れになるかと思います。

あなたはどこの期間工にするか迷っています。

この迷いを伝えると、あなたに合った期間工を紹介してくれます。

  • お金がとりあえず欲しい!それならトヨタ
  • 残業がしたくない?じゃホンダです!
  • 期間工から正社員も目指せる所がいい?アイシンawかトヨタが良い
  • 寮が綺麗な場所が良い?ジヤトコで決まり!

という感じで、こちらの都合にあった期間工を紹介してくれます。

⇒期間工jp・公式サイトを
チェックしてみる

期間工jp(アウトソーシング)の祝い金はいつ?

入社祝い金はいつ?

さて、入社祝い金が目玉な期間工jp。一体いつ支給されるのか?

結構ここ不安な方がいて、

「勤続3ヶ月以上が対象とか言わない?」みたいに思う人がいるんです。

まぁ短期で辞めたいと考える人もいるので当然ですね。

そもそも、入社祝い金は3つに分かれています。

  • 選考会参加費(期間工jpより支給)
  • 祝い金(期間工jpより支給)
  • 祝い金(期間工メーカーより支給)

3つをまとめて入社祝い金としています。見てわかるように、支給されるのも「期間工jp側」「期間工メーカー側」かに分かれています。

なので、全て同時に貰える訳ではないんです。

さて、次は肝心な支給されるタイミングです。上記を頭に入れつつ見て下さい。

  • 選考会参加(3週間以内)
  • 期間工jpからの祝い金(入社して2~3週間)
  • メーカーからの祝い金(メーカーによるが、初給料時が多い)

以上のタイミングになります。

選考会参加or期間工jpからの支給は、およそ3週間以内には済みます。

ですが、期間工メーカーからはその会社規定によって違うので、担当に確認して貰うのが一番確かですね。

多いのは初任給か2回目の給料日に一緒に振り込まれます。

論より証拠で以下の画像をご覧下さい。

上記はマツダ期間工の求人ですが、白い文字で詳細が書かれています。

2の入社祝い金の説明で、

アウトソーシングから20万支給/雇用先から15万支給と書いてありますよね。

支給日に関しても、

選考会参加=選考会から3週間以内
入社祝い金=支給基準日に在籍の方/入社日から最短14日以内に支給

と記載されています。

大体これ位の日数をメドにすれば良いかと思われます。

注意
選考会参加の場合、働く意思がないと当然ながら支給対象になりません。選考会に参加したからと言って、合格したのに働かない場合支給はされません。

期間工jpは「直接雇用」ですよ!

期間工jpの面接図解

【結論】期間工jp経由で期間工メーカーで働く事を「直接雇用」と言う。期間工メーカーで働く場合は【期間工・派遣社員・PEO】の3つの形態がある。1番おすすめは直接雇用の期間工だ

「期間工jp経由だと、派遣社員として期間工で働くの??

という質問を貰いました。

ちょっとややこしいんで、この場で説明したいと思います。

期間工jp経由での雇用は期間工メーカーとの直接雇用になります。(期間工jpはただ紹介しただけ)

対して派遣会社の場合、あくまで派遣会社側の雇用に近いので、期間工とは呼びません。

  • 直接雇用=期間工
  • 派遣会社雇用=派遣社員

という感じです。

では一体どの形態で働くのが一番稼げるのか?

稼ぐなら期間工。派遣社員は微妙な部分が多い

結論から言えば、働くなら期間工が1番稼げます。

期間工も派遣社員もやる事は一緒。なら稼げる方が良いですよね?

だからこそ私はこのブログを立ち上げて、期間工求人の紹介をしている訳です。

期間工より派遣社員が稼げるなら、「旅がらすの派遣社員ブログ」にしてます。

なぜ派遣社員より期間工が良いのか?派遣社員には色々なデメリットが存在します。

派遣社員が微妙な部分
  • 寮費が取られる
  • 満了金は雇用を継続しないと貰えない
  • 満了金の額が低い
  • 正社員登用を受けられない

などの多くのマイナス面が存在します。

唯一派遣社員のメリットは、

働く意欲があればいつまでも働ける

時給が期間工より高い所が多い

の2点です。

しかし期間工のように3年満了がない派遣社員も、会社都合で減産になった場合、「期間工より先に切られる」ので結局長く続けられる人はいません。

時給が期間工より高いというのも、結局派遣社員の方が満了金が低かったり、寮費で取られたりするので実質メリットとは言えません。

上記理由から、派遣社員で働くより期間工として直接雇用された方が得という話になるんです。

時給の高さで目が眩む人が多いですが、この記事を読んだ方は、間違わないようにして下さいね。

期間工と派遣社員。もう1つあるPEOって何?

PEOってご存知ですか?

簡単に言うと、派遣社員の正社員です。

派遣元の正社員で、そこから期間工メーカーに働きに来てるんです。出稼ぎですね。

だから派遣社員でありながら肩書きは正社員となる訳です。

旅がらす

PEO?昭和生まれには聞きなれない言葉だな。色々出てきて付いていけないぜ

うん。ややこしいですねPEO。

派遣会社の正社員で、期間工メーカーには派遣社員として働きに出る。

じゃ給料は?という話になりますが、それは派遣先によるそうです。

一般的な収入で言うと、

PEO<派遣社員<期間工

私個人のおすすめも、

PEO<派遣社員<期間工

となり、期間工が一番おすすめとなります。

PEOもデメリットがいくつかあって、まぁ給料面でも期間工より大分下がってここが一番大きいんですが、立場が中途半端というのが嫌ですね。

正社員なら自分の会社で働きたいじゃないですか、他の会社で働くのって何か苦痛。派遣や期間工なら割り切れるんですけどね。

当然PEOは期間工メーカーにある、正社員登用制度も受けれません。

当たり前ですね、派遣元の正社員なんですから。

PEOは、

給料も低いし、
肩身も狭いし、
真っ先に切られる立場なので結構辛いと思います。

唯一のメリットは派遣元の正社員という点ですかね。

正社員という肩書きが欲しいならPEOは良いと思いますよ。正社員なのでボーナスも貰えるはずだし。

まぁでも、直接雇用で期間工になるのが一番です。

派遣社員の方が良い人もいるだろうし、PEOが最高!という人もいると思います。

でも工場で形見の狭い思いや、満了金が少なかったり、給料が低くなるのが嫌なら、期間工一択で問題ないです。

まして、正社員を狙っているならなおのことです。

ちなみに期間工jpはPEOの紹介もしてるので、気になったなら確認を取ってみても良いですね。

まとめ・「期間工ならおすすめは期間工jp」

ちなみに私はその昔、普通に新聞の折り込みチラシから応募しました。

なので面接では苦労したし、お金の面も祝い金が無いので今の人達がうらやましいです…。

でもその頃から派遣会社はあったし、多分私が知らなかっただけ、情報弱者だったから丸々損をしたんです。

旅がらす

メーカーによっては45~60万の入社祝い金が出るんだから、これを貰えないって考えると凄い損だな

当記事を読んだ方は、くれぐれも損をしないように、期間工jp経由で期間工に応募を考えてみてはいかがでしょう。

⇒期間工jp・公式サイトを
チェックしてみる